身体,健やか,心,康らかに豊かで楽しい充実の人生を!



TOPページ 老人クラブ 市民後見人 笑いヨガ 地域振興 HP制作 活動情報 問合せ TOPIX情報
 

  老人クラブ

下記の写真は10月18日に諏訪山多目的運動公園で行われた高齢者・心身障害者体育大会の様子です。 主催は臼杵市老人クラブ連合会と臼杵市心身障害者福祉会です。
後援は臼杵市・臼杵市教育委員会・臼杵市社会福祉協議会・大分県老人クラブ連合会です。 数年前までは」は1000数百名もの参加があったのですが急速な高齢化と若年高齢者の入会等も少なく会員数の減少等でだんだんと規模が小さくなり今年は約600名の方の参加となりました。



赤団・黄団・桃団・緑団・白団に分かれて競い合います。午前が競技で午後が玉入れプログラムです。競い合いになると年など関係なく一生懸命です。ほどほどに頑張って下さいという市長さんの言葉など忘れてしまってしまい、若者に返ったような勢いで突っ走ります。
まだまだみんな元気ですね。体育指導員の方の指導の下に競技が行われ怪我人も熱中症になられる方もなく無事に終了しました。今年も赤団の優勝で幕を閉じました。赤団の連勝が続いています。
因みに今年で41回目です。長く続いているイベントなので今後も継続して実行出来る事を期待したいものです。その為には単位クラブが全面的に協力し、会員数を増員し、クラブの運営を活発にせねばならぬと考えています。
私は現在、老人クラブの会長で、地域の方のお世話を微力ながらやらせて頂いています。月2回サロン活動を開催しています。(毎月第1、第3水曜日)

下記の「健康」「友愛」「奉仕」の活動は全国老人クラブ連合会の三大活動です。
「健 康」
健康づくりをすすめる活動
・昭和55年、「病にかからぬ運動」として始まった初の全国運動で昭和59年に改称されました。
現在平成28年の運動推進要綱で、”地域に健康づくり・介護予防の輪を広げよう!”をスローガンに健康で生きがいのある生活の実現と医療や介護等制度・施策の健全な発展をめざして閉じこもり孤立の予防活動の裾野を広げながら会員をはじめとする地域高齢者の健康維持・増進に取り組んでいます。

健康行事の計画は毎年開く健康教室、これは他の組織や団体と連携して地域にスポーツリーダーを養成する目的もあります。又、上記の写真のグランドゴルフやペタンク・ゲートボール・、高齢者と心身障害者の運動会(全国でも希)等も行われています。大分県は健康寿命日本一を目指し頑張っています。
「友 愛」
在宅福祉を支える友愛活動
・当初、「友愛活動」は「健康をすすめる運動」の実践課題の一つとして取組んできました。
昭和61年に独立した運動となり、「『社会奉仕の日』一斉奉仕活動」と共に、「健康」「友愛」「奉仕」の全国三大運動となりました。  平成4年からは「在宅福祉を支える友愛活動」として展開しています。
”くらしを支える笑顔の訪問”をスローガンに、話し相手を基本とし、必要に応じて、家事援助、生活援助、外出援助などを行い、高齢者同士の心と心のふれあいを通して、病弱や寝たきり、ハンデイキャップを持つ高齢者とその家族を支援しています。

現在、地域の元気な高齢者が独居の方々等を月2回〜3回ほど訪問 しています。地区全家庭に黄色の旗を立ててお互いに見守り声かけ等を実施しています。
「奉 仕」
社会奉仕の日一斉奉仕活動
・昭和59年「敬老の日」に感謝する行事として神奈川県で始まった「社会奉仕の日」(9月20日)は各地の会員の共感と賛同を得て、翌年には全国10数県に広がりました。
  昭和61年に全国運動となり、現在に至っています。”きれいな地球を子どもたちへ”のスローガンのもと従来の清掃・美化活動や緑化・花づくり活動に加え、マイバッグの持参や節水・節電の呼びかけ資源ゴミの回収や不用品のリサイク動ル活動等、環境問題への取組みを推進しています。

現在、国宝臼杵石仏の参道の落ち葉拾いを数年前から9月20日に各単位クラブの有志で奉仕活動としてやらせて頂いています。単位クラブは単独で自分の地域で小学校のグラウンドの草取りや神社の清掃奉仕等を実施しています。
 
Copyright © 2017 チャレンジ!シニアライフ All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座