身体,健やか,心,康らかに豊かで楽しい充実の人生を!



TOPページ 老人クラブ 市民後見人 笑いヨガ 地域振興 HP制作 活動情報 問合せ TOPIX情報
 

  笑いヨガ

◆「ラフターヨガ(笑いヨガ)に関する質問事項」
ラフターヨガ(笑いヨガ)とは何ですか?
A:ラフターヨガ(笑いヨガ)とは、1995年インドの医師Dr. Madan Katariaと妻のMadhuri Katariaが考案したものです。 「ラフター(笑う)+ヨガ」という意味で、従来のヨガの呼吸法に「笑い」を取り入れることで、子供からお年寄りまで年齢や性別や障害にとらわれず、誰にでも出来る笑いの体操(笑いの健康法)です。
「ヨガ」という名称ですが、難しいポーズをとる事はなく、声を出して笑うことによって自然と横隔膜も動き、自然に酸素を取り込むことができます。インドの公園で5人から始まり、2015年には、世界100か国以上、10,000以上のグループが活動しています。日本国内にも多くのクラブがあり、全国に広まっています。
Q:ラフターヨガ(笑いヨガ)を行うメリットについて教えてください。
A:ラフターヨガ(笑いヨガ)では「脳の活性化」「免疫力のアップ」「人間関係の円滑化」という効果があるといわれています。「笑う」ことで自然に腹式呼吸ができます。腹式呼吸で酸素が脳にゆき渡り、また意識して大きな声で笑うと、それが「脳の活性化」につながるということです。
また体は作り笑いでも本当の笑いでも、身体への健康効果は同じことが科学的にも実証されていますので、ラフターヨガの作り笑いでも体に対する効果は同じといえます。
下記の写真はヨガ創始者のカタリア夫妻です。



具体的には下記のような効果が期待できます。
1.生理的効果⇒免疫力アップ
 1)ストレスホルモンの分泌を抑えて、体をストレスから守る。血中コルチゾールが減少し、アルファ波やエンドルフィン(快感ホルモン)が増加
 2)NK(ナチュラルキラー)細胞の数を増やし、活性化することによる抗がん効果
 3)血中インターロイキン6、インターフェロンγの減少による鎮痛効果、抗炎症効果
 4)唾液中の抗体を増やし、喉などの呼吸器の感染症を抑制
2.心理的効果⇒脳の活性化
 1)自己効力感が向上し「よし、やってみよう」という思いが強くなる。
 2)行動が感情を作る 。(笑うから愉快になる=Motion create Emotion.)
 3)緊張の緩和(ストレス解消)
 4)カタルシス(浄化)
3.社会的効果⇒人間関係の円滑化
 1)人と人との距離を縮め、社会的な相互作用を促進する。
 2)仲間意識、チームワークを強め、ポジティブでモチベーションの高い仕事環境が出来る。
◆【笑いヨガの基本要素は 4 つです】
1. 笑いを誘う『ラフタ−エクササイズ』が多数用意されています。
2. 手拍子と掛け声で楽しさが倍増です(手の平の指先を合わせ、ホッホッ、ハハハと掛け声をかけます)。
3. 深呼吸です(息を吸う時間よりも吐く時聞を長くします。肺の中の淀んだ空気を吐き出します)。
4. 子供のような無邪気な遊び心を思い出し、心を開放します。
(ヤッタ−ヤッタ− イエイ−とイイゾ、イイゾ、イエイ−です。)
◆腹式呼吸の効果
1.腹式呼吸で自律神経のバランスを整えます。
私たちは普段、無意識に呼吸をしていますが、意識して呼吸することもできます。 意識的に呼吸することで、自律神経にアプローチすることが可能なのです。つまり、呼吸法によって副交感神経と交感神経のバランスをコントロールできるのです。
2.腹式呼吸で内臓機能を向上させます。
腹式呼吸は、吸うと吐くの両方で横隔膜や腹斜筋、腹横筋とよばれるインナーマッスルを使うので、内臓機能の向上とお腹やウエストの引締め効果があります。 また、内臓は睡眠中などの安静時でも体温を作りだしています。腹式呼吸で内臓の働きが高まり、だんだんと温かいからだになっていきます。
3.腹式呼吸でセロトニンの分泌を促進させます。
腹式呼吸を10分以上続けると、セロトニンの分泌が高まることがわかっています。セロトニンが増えると爽やかな気分になり集中力が高まるのです。
腹式呼吸のリラックス効果や老化防止効果も、このセロトニンの分泌促進と深い関係があると言われています。 このように昔から健康によいと言われてきた腹式呼吸の効果が、だんだんと科学的にわかってきました。

◆私はLYJ(ラフターヨガジャパン)の公認リーダーライセンスを3年ほど前に取得しています。
現在、臼杵市社会福祉協議会にボランテイア登録をしています。
地区のいろいろな団体やサロン等から笑いヨガの派遣依頼があればお伺いする活動をしています。お伺いして1時間程度なのですが一緒に大笑いすると実に楽しくなります。大人になると笑う機会が相当少なくなるんですね。1日に15〜16回程度(赤ちゃんは300回/日)というデーターがあるらしいです。
高齢者になると15〜16回/日も笑うことはないのではないかなと思えます?。ただ笑うだけで健康につながっていくのであれば例え作り笑いでも大いに笑って健康寿命を延ばすことに少しでも貢献したいです。現在地元で笑いヨガ教室をしています。月2回開催です。(第2・第4金曜 午後1時半〜2時半)無料なのでどなたでも気楽にお出で頂きたいと考えています。


 
Copyright © 2017 チャレンジ!シニアライフ All rights reserved.
by 無料ホームページ制作講座